« 2012年1月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年2月

2012年2月19日 (日)

奇跡。。

White1


Ume1


ようやく、梅の花が 容姿も 香りも 楽しませてくれる季節になりました^^


White1_2


その一方で、雨風のせいか 足元にはすでに散ってしまった花びらや花冠が。。


Ume2


White1_3

Ume3


まだ枝の先に咲いていてもいいくらいの 花冠。。


手に取ると ほんのりと この季ならではの香りを漂わせてくれています。


White1_4

人間誰しも前に進めないこともありますが、この花は小さな勇気をくれます。

たとえ枝が折れ 落ちても、目には見えない香りという存在を 懸命に届けて

くれているんですね。

White1_5


きっと ここで出会ったことも、小さなちいさな 奇跡 なのかもしれません。

White2

Ume4


ほら、ほのかな香りが漂ってくるようでしょ^^


White1_6

炭球と合わせたら 生き生きしているようにさえ見えます。

White1_7


Ume5


White1_8


日々の生活は つい前のめりになりがちですが、 焦らずに ゆっくり進む

ことが必要な時もあります。

たくさんの大切なことに気づかせてくれる自然を感じ 感謝すると、

少しだけ歩む速さも ゆっくりになるかもしれませんね^^

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

ひとり。。

White1


東京では まだ寒い日が続いてますが、梅の花が綻び ほのかに甘い香りを

楽しませてくれます。

そんな時間を ひとり で味わうのも悪くありませんね^^

White1_2


普段の生活の中では 人と関わることも多く、ひとり を実感する時間は

あまりないかもしれません。

でも、やはり人は基本的に ひとり であって、時にそれを感じることも

必要かな と思ったりもします^^

White2

Hitori1


White1_3


それは 前へ進むための力になることもあり、人を支えるための糧になる

こともあります。

数寄炭を創る時もやはり ひとり です^^

そこには、目には見えないけれど、僕の想いが込められているんです。

数寄炭も たとえ小さな力でも、人の支えになるような、そんな

存在になってくれたらいいなぁ。。 と思っています^^

White1_4


Hitori2


White1_5


数寄炭のとなりで しずかに佇んでいるおちびさん。。

名前は ひとり です^^

益子で陶芸をされている風雅人(ふうがじん)さんによる作品。


なんとも いい表情をしていますね^^


White1_6

ひとりで過ごす時間でも、こんな表情でいられたら幸せなのかもしれない。。


そんなことを想う 今日この頃です^^


White1_7


| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年10月 »