文化・芸術

2014年6月 3日 (火)

初夏の風


ここ数日、急に気温が上がり、まるで真夏のような暑さです^^;

またまた久しぶりの更新です。

少し凛とした空気を漂わせたくて、こんな数寄炭を創ってみました^^




Shoka


仕事で余ったドウダンツツジにツユクサを添えて、少し涼しげに。

関東地方も、もう間もなく梅雨に入るのでしょうか?

道路脇の草花や街路樹たちにとっては、ちょっと嬉しい季節かも
しれませんね^^


湿度が高くなるこの時期、くれぐれもご自愛ください。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

創作

今年初めてのブログです。


といっても、年に数回更新するだけになっていますが。。 汗



それでもこの炭日和ブログに遊びに来てくれる方がいてくれることに、
心から感謝しています。



ありがとうございます。



そして、これからもよろしくお願いいたします。




昨年末に、少しまとまった数の数寄炭を創作しました^^




Sousaku




昨年移転した作業場は、窓の多い明るい空間です。



自然と創作にも集中できて、それが作品にも表れているのではないかと
感じています^^




Sakuhin





こちらの数寄炭たちは、もうすでに生活道具屋surouさんに並んでいます。



機会がありましたら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね^^


一月も中旬に差し掛かりますが、今年もみなさまが穏やかな心持ちで
過ごせるよう、お祈りしています^^



寒さ厳しい折、体調に気をつけつつ、日本の冬を味わい深く感じて
過ごしたいですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

春への歩み。。

White1


気が付けば 一月も半ばを過ぎ、新年のご挨拶をするには あまりにも
遅過ぎますね。


ですが。。  やはり ご挨拶は大切です。


このブログを訪問してくださる皆さま、いつもありがとうございます^^

気まぐれで マイペースの更新になりますが、

今年も どうぞよろしくお願いいたします。


White1_2

東京は 冷たい雨が降り続いています。

ずっと乾燥していたので、久しぶりの潤い、湿った空気に包まれて、

木々や草花たちは 喜んでいるかもしれませんね^^

White1_3

昨年後半は あまりに多忙だったため、数寄炭の創作もスローダウンして
いましたが、それでもコツコツと創ってはいました^^

スロウさんも気を遣ってくれて、連絡を控えてくれていたようです(汗)

先日、お店の方に伺ったら。。
ありがたいことに 数寄炭の在庫はだいぶ少なくなっていました。

ということで、近いうちに新作をお届けに上がります^^

White1_4


その中の ひとつ。。 ん?  ふたつ ですね^^

まだ苔を張り込む前の 数寄炭です。


White2

Twin

White1_5

窓の外は寒く かなり冷え込んでいますが、

後光に包まれて あたたかな冬の夜の風景。。といったところでしょうか(笑)

数寄炭も仲良しな感じで^^


White1_6

この時期の雨は 次の季節への準備でもあります。

もう梅の花も綻びはじめ、少しずつですが でも確実に自然は春への歩みを
進めています^^

寒さの厳しい時期ですが、心はあたたかく過ごしましょうね^^

White1_7

・ . 。○ 。○ * 。. 。○。. . * 。。○ 。. ○ 。。* . 。. ○。. 。 ○ 。. 。*

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

破れ鉢

White1

壊れてしまったら、捨てる。

失敗したら、そこで終わり。

普段の生活の中では、そんな時があるかもしれません。

White1_2


僕はそういったもの、そういった人に、ついつい興味が湧いてしまいます。
White1_3

Yaburebachi1


White1_4


破れ鉢。


これもそんな仲間のひとつです。

作家さんの中には、失敗した作品を世に出したくない。。という方も

いらっしゃいます。

その気持ち、よ〜くわかります。


White1_5


でもね、その姿に惹かれてしまうのだから仕方がないですよね(笑)

White1_6


Yaburebachi2


White1_7


この破れ鉢を譲ってくれた方によると、どうやら常滑(とこなめ)焼きとのこと

ですが、正直なところよくわかりません(汗)

ただこの風合い、この姿に惹かれ、炭を飾ってみたかった。。

数寄炭の創作には それだけで十分です^^

White2

Yaburebachi3


White1_8

失敗しても、夢破れても、またゆっくりと立ち上がり、歩みを進める。

そんな強さを心のどこかに秘めていられたらいいなと思います。
White2_2


今日は中秋の名月。

さっき仕事場の外に出て夜空を見上げたら。。 いましたよ  ぽっかりと^^

本当に見事なお月さまです。


風になびくススキを背景に お団子と破れの数寄炭。

月明かりの下で そんな時間が過ごせたら、一日の疲れも夜風にとけて

いくかもしれませんね〜^^

White1_9


* . . 。○ 。○ * 。. 。○。. . * 。。○ 。. ○ 。。* . 。. ○。. 。 ○ 。. 。*

【送料無料】炭を飾る 【送料無料】炭を飾る

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月31日 (日)

宵涼み

White1


今日はいくぶん過ごしやすい一日でした。

このところ休みなしの日々。

でも、それが嫌というわけではなく、毎日元気に働けることに

嬉しさと有り難さを感じています^^

White1_2


本来『宵涼み』とは、夏の暑い夜に戸外や縁側などに出て暑さをしのぐことを

いいますが、今夜は窓を開けているだけでじゅうぶん涼をとれます。

なので、数寄炭も屋内で涼しげに。。

平皿に水をはって、かわいらしいサイズのエノコログサ(猫じゃらし)を

添えてみました^^

White1_3


Yoisuzumi


White1_4


こんな日は早めに床に入り ぐっすり眠ると、暑さで疲れた体も

ゆっくり回復しそうな気がします^^


White1_5


. . 。○ 。○ * 。. 。○。. . * 。。○ 。. . ○ 。。* . 。. ○。. 。 ○ 。. 。*



【送料無料】炭を飾る 【送料無料】炭を飾る


販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月30日 (木)

White1


Tsuyusumi


White2


静 か 動 か といえば、 静 に見えるでしょうか?

White1_2

でも、まわりでは様々な雑踏が聞こえ、雨の隙間に陽光が差し込み、

結構にぎやかです^^

White1_3


寄り添うツユクサと艶のある黒が、この『間』に静かな涼を

漂わせてくれているのかもしれませんね。

White1_4


. . 。○ 。○ * 。. 。○。. . * 。。○ 。. . ○ 。。* . 。. ○。. 。 ○ 。. 。*

【送料無料】炭を飾る 【送料無料】炭を飾る

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

濃淡と艶。

White1

光のあるところには影ができ、


光があたるところには艶がでる。


当たり前のようだけど、とっても不思議な気もします。
White1_2

Ima

White1_3


数寄炭   まるで生きているようです。


否、生きています。

と 感じること、  しばしば     笑

White1_4


. . 。。○ 。○ * 。. 。○。. . * 。。○ 。. . ○ 。。* . 。. ○。. 。 ○ 。。



【送料無料】炭を飾る 【送料無料】炭を飾る


販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

その手の先に あるもの。。

White1

その手は 何かを描き、何かに触れ、そして 何かを創る。 


時には汚れ、時には傷つき、いずれまた美しさを取り戻す。

White1_2


Hand1_2

White1_4


その手は 実によく働くが、
White1_3


Hand2

White1_5


普段はあまり意識されず、感謝されることも少ない 。。 多分ね。

White1_6


先日、横浜で数寄炭教室がおこなわれました。

参加していただいたみなさん、ありがとうございました^^

White1_7


Talk


今回は器をはじめ本当にいい材料が揃い、僕もかなり楽しみながらの

教室でした。

White1_8


Material_2


リラックスする香りや音、

また数寄炭の世界観や「間楽」の話も織りまぜ、

みなさんにたっぷりと? いや、どっぷりと数寄炭創りを味わって

もらいました 笑

とても熱心に取り組むみなさんの姿に、僕も静かなパワーをもらい、

教室も穏やかな空気に包まれたような気がします。


また初めてなのにすごく丁寧なその手の動きには、

思わず見入ってしまいました 笑


White1_9


働き者の自分の手に、ときどき感謝の言葉をかけてあげましょう^^

White1_10


Creat


White1_11


その手の先には、きっと限りない可能性が広がっていると 僕は信じています^^

White1_12

               ☆ Thanks! my hands ☆

White1_12

. . 。。○ 。○ * 。. 。○。. . * 。。○ 。. . ○ 。。* . 。. ○。. 。 ○ 。。


炭を飾る炭を飾る


著者:二宮 一司

販売元:アニカ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

間楽(まがく)

White1


いよいよ年の瀬ですね。

師走に入ってからは、まるで走り続けているような。。

そんな日々でした(笑)

それでも毎日一つひとつのことを、ちゃんと味わいながら生活していると、

心は穏やかでいられるんだなあと、実感しました^^


White1_2


Tanagokoro


White1_3


写真は、昨日創り上げてきた『銀座掌』さんのショーウィンドーの一部です。

幅が4メートル以上ある大きなウィンドーの中に横長の窓をつくり、

長い炭を組み合せ、光の中に浮遊させたイメージです。

今回は新春のディスプレイということもあり、よりお客さまに『間』を感じて

もらいたかったので、頭の中で常に『間』のあり方を想像し続けていました^^
White1_4

単なる空間というくくりではなく、音  香り  空気 味わい 。。。

そういう『間』を感じ、楽しんでもらえたら嬉しい限りです。 


White1_5


今日が今年最後のブログ更新になります。

今年一年、この『炭日和』ブログにお越しいただき、

どうもありがとうございました。

心より感謝しております。

また来年も引き続き、よろしくお願いいたします。

寒さも厳しくなってきたので、みなさま暖かくしてお過ごしくださいね。


どうぞ良いお年をお迎えください^^

White1_6

. . 。。○ 。○。。. 。○。. . . 。。○ 。. . ○ 。。。 . 。. ○。. 。 . ○ 。。


炭を飾る炭を飾る


著者:二宮 一司

販売元:アニカ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

〜お知らせ〜 久しぶりの。。お楽しみ^^

White1


師走に入ったというのに、あまり冬らしくない気候が続いていますね。

う〜ん、でも年内にやらなければならないことがたくさんあり、

気分は年末モードに突入しつつあります^^

White1_2

さてさて、今日はちょっとお知らせです!

年が明けたら早々に〈数寄炭教室〉を開催します。

久しぶりですね〜^^

場所は横浜にあるディスプレイミュージアム内にておこないます。


日時は2011年1月18日(火)15:00〜17:00


今回は益子で陶芸をされている真山さんの器を使った数寄炭を作ります。

なんともいい感じの風合いで、僕のお気に入りの器のひとつです。

無理を承知でお願いしたら、なんとこのために焼いていただけることに

なりました^^

感謝です!!

すご〜く味わい深い時間になりそうな予感。

心地いい香りや音に包まれて炭とふれあうひととき^^

穏やかな時間をご一緒に味わいませんか?


White2


Sukizumi_kyoushitsu


White1_3


お申し込み、お問い合せは、日本ディスプレイクリエイター協会HPのお問い合せ欄、

または数寄炭HPのお問い合せ欄からお願いします。


ぜひぜひ お気軽にご参加くださいね〜^^


White1_4


. . 。。○ 。○。。. 。○。. . . 。。○ 。. . ○ 。。。 . 。. ○。. 。

炭を飾るBook炭を飾る

著者:二宮 一司
販売元:アニカ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧